【よくある質問】事前にお悩み解決します

日帰り・宿泊付スキー・スノボツアーに必要な持ち物・荷物・道具・装備

日帰り・宿泊付スキー・スノボツアーに必要な持ち物・荷物・道具・装備って?

日帰り・宿泊付スキー・スノボツアーに必要な持ち物・荷物・道具・装備は、レンタルをしない人とする人で分かれます。

レンタルをする人・・・●ビッグホリデーから届いた書類の一式●ウェアの下に着るもの(インナーやパーカー・ジャージ・スウェットなど上下)●靴下(長いものだと足が守られてオススメです)●ゴーグル●グローブ●ニット帽●ネックウォーマー●ベルト(スノボする人)●お金●身分証明書

レンタルをしない人・・・上記のものに●スキー・スノボで使う板やボード●ウェア●ブーツ●ビンディング(板についていると思いますが念のため確認を・・・)●スティック(スキーをする人)

スキー・スノボのもって行くと便利グッズってある?

●着替え一式・・・宿泊の方は一着多めに!日帰りの方も、下着やジャージなど着替えを持ってきておくと帰りに気持ち悪い思いをしないので安心です。
●温泉用品・・・滑った後温泉に入れるところもあるので事前に調べてみてください!リフレッシュに効果的です!
●リフト券ホルダー(パスケース)・・・ホルダーが付いているウェアもありますが、付いていないとポケットに入れないといけないので不便です。お金を入れるのにも役に立ちます。
●アクションカム・・・上級者はもちろん初心者でも持って行くとかっこいいところが撮れたり、修正箇所の見直しができます。
●おしりパット・・・スキー初心者・スノボ初心者はあると嬉しい道具です。転びすぎておしりが痛くならないように予防できます。
●板に塗るワックス・・・自分の板を持っていく人は必需品!滑りやすさが違います。
●日焼け止め・・・スキー・スノボって意外と顔が焼けます。意外と便利!
●灰皿・ターボライター・・・喫煙者の方は、ゲレンデで吸殻をポイ捨てはマナー違反です。携帯灰皿を持って行くと便利です。またライターもターボライターのほうがオススメです。ゲレンデで風が強くて火がつかない!ということがあるので、ターボライターのほうが点きやすいです。
●ポケットティッシュ・・・鼻水でたら大惨事です。また机を拭いたり活躍する場面が多々あります。

スキー・スノボ ゴーグルが曇ってしまう!?どうにかして!!

曇り止めを滑る前に塗っておくと、曇りにくくなります。またネックウォーマーやフェイスマスクをゴーグルの中に入れてしまうと息がゴーグル内に入ってしまい曇りやすくなります。顔の温度が上がると、外との気温差で曇ってしまうので、適度に仰いだりして顔の温度を下げてあげるのもいいかもしれません。

スキーを滑るときはヘルメット必要??

義務化はされていないので自由です。ただ外国人のヘルメットの着用率は、約80%以上で日本に来ると着用していないことにびっくりするらしいです。スキー場によっては着用を義務化されているところもあるだとか・・・
転んだときだけでなく、他人との衝突から頭を守るために着用は推奨されます。お子さんや、ジャンプ台などに行かれる猛者の方は着用しておくと安全です。

スキーとスノボのウェアの違いって?

スキーウェアは、風の抵抗を少なくするためにタイト目に作られているものが多く、エッジガードというスキー板でズボンの裾が切れるのを防ぐものが付いています。スノボウェアは逆で大きめに作られていて、中にプロテクターなどを入れることを前提に作られています。またスキーウェアより防水加工が強めに作られています。
スキーウェアスノボウェアの兼用は推奨されません。それぞれの役割が分かれているので滑りやすさが格段に違います。
予断ですが、スキーウェア・スノボウェア・板にもトレンドや流行があります。メンズならかっこよく着こなして、ウィメンズならかわいくコーディネートして周囲に差を付けろ!

格安スキーツアー&激安スノボツアーでレンタルについて(よくある質問)ページトップへ