群馬県 スノーパーク尾瀬戸倉 群馬県 スノーパーク尾瀬戸倉

スノーパーク尾瀬戸倉のゲレンデマップ

画像を拡大する

パークアイテム
ハーフパイプ ヒップ クォーターパイプ スパイン テーブルトップ
ボックス ワンメイク レール キャニオンジャンプ ウェーブ

スノーパーク尾瀬戸倉の基本情報

エリア
群馬県利根郡
スキー場名
スノーパーク尾瀬戸倉
コース数
9
リフト数
7
最長滑走距離
2,100m
最大傾斜
32度
キッズパーク
周辺マップ
営業時間
平日・土日祝日8:00-16:45
駐車場
900台/無料
レベル別コース比率
初級
30%
中級
40%
上級
30%
ボーダー・スキーヤー比率
ボーダー
60%
スキーヤー
40%

スノーパーク尾瀬戸倉までのアクセス

電車上越新幹線 上毛高原駅よりバスで約120分
関越自動車道 沼田ICより約30km(約45分)

スノーパーク尾瀬戸倉の特徴

今シーズンのパークは、楽しく滑れる「ロマンスパーク2200」と、上達する「プログレッションパーク」の2つ。

  • スノーパーク尾瀬戸倉イメージ1

近隣スキー場を見る

夏が来れば思い出すという歌詞でも有名な尾瀬にあるスキー場の一つにスノーパーク尾瀬戸倉があります。スノーパーク尾瀬戸倉があるのは群馬県利根郡片品村戸倉で、尾瀬ルートの一つでもある戸倉エリアに位置しています。ゲレンデコースは全部で9カ所、平均傾斜度は20度でなだらかな斜面となっているためファミリースキーに最適です。また、中級者や上級者でも十分自然の中で、ゆっくりとした滑りを楽しめます。またレッスンも充実しており、スキーパークでジャンプ台やジブ、ハーフパイプなどを利用した子供や情勢も楽しめるレッスンや、周辺のバックカントリーを滑走する上級者向けのGPS(ゲレンデパウダーガイド)などもおすすめです。
スノーパーク尾瀬戸倉のゲレンデは、スキーを楽しめるのが全体の約4割、そして6割がスノボーエリアになっており、リフトの数は全部で7基です。ゲレンデに隣接するホテルなどの宿泊施設もあるので、泊りがけで利用もおすすめです。なお、スノーパーク尾瀬戸倉は託児施設でもあるキッズルームが開設されているため、小さなお子さんを預けてスキーやスノボーを楽しむ事もできます。
スノーパーク尾瀬戸倉へのアクセスは電車の場合は東京駅より上越新幹線を利用して上毛高原駅まで約1時間15分、駅からバスを利用して約1時間40分です。自動車の場合は関越自動車道の沼田ICを下りて、国道120号線を経由して約45分です。

スノーパーク尾瀬戸倉格安スキーツアー&激安スノボツアーページトップへ