長野県 白馬五竜スキー場 長野県 白馬五竜スキー場

白馬五竜スキー場のゲレンデマップ

画像を拡大する

パークアイテム
ハーフパイプ ヒップ クォーターパイプ スパイン テーブルトップ
ボックス ワンメイク レール キャニオンジャンプ ウェーブ

白馬五竜スキー場の基本情報

エリア
長野県白馬村
スキー場名
白馬五竜スキー場
コース数
16
リフト数
14
最長滑走距離
5,000m
最大傾斜
35度
キッズパーク
周辺マップ
pdfで表示する(1)(2)(3)
営業時間
全日 8:00~16:50
ナイター営業
~3/31 早朝営業時6:30~・ナイター営業時18:00~21:30
駐車場
2,700台 (無料)
レベル別コース比率
初級
35%
中級
40%
上級
25%
ボーダー・スキーヤー比率
ボーダー
40%
スキーヤー
60%

白馬五竜スキー場へ行くスキーツアー&スノボツアーはこちら

近隣スキー場を見る

白馬五竜スキー場は長野県北安曇郡白馬村に在るスキー場で、かつては「五竜とおみスキー場」と呼ばれていました。このスキー場の名前は、白馬連峰五竜岳の麓にある事からこのように呼ばれているのですが、五竜岳や唐松岳と言った北アルプスの名峰を望みながらのスキーツアーやスノボツアーを満喫できるフィールドになっています。 白馬五竜スキー場は山岳スキーも楽しめる環境、冬季には多くの積雪があるため、ゲレンデがオープンする時期も11月下旬頃、クローズ時期は5月上旬と言った具合に、比較的長い期間スキーツアーやスノボツアーを楽しめます。白馬五竜スキー場には16のコースがありますが上級者向けコースの一つでもあるチャンピオンエキスパートコースの最大斜度は35度です。また、コース最長滑走距離は約5キロなどの特徴を持つスキー場です。
白馬五竜スキー場は日本で初めてゴンドラリフトを導入したスキー場だと言われており、スキー場内にはペア9基、クワッド3基、ゴンドラ1基などで、1時間当たりの運送能力は約21,300人です。なお、スキーおよびスノーボード比率は6:4で、スノボエリアは全体の4割になります。無料のソリや遊具が使う事ができるキッズパークには有料屋外託児もあるため、スキーデビューにはまだ早い小さなお子さんと訪れた時でもスキーやスノボを楽しめます。
白馬五竜スキー場へのアクセスは、電車の場合は東京駅から新宿駅に行き、新宿駅より中央本線の特急列車を利用して白馬駅まで、白馬駅で在来線に乗り換えて神城駅もしくは飯森駅下車、駅からは無料のシャトルバスで約5分になります。 車の場合は、長野自動車道の安曇野ICより約60分、上信越自動車道の長野ICより約50分です。

白馬五竜スキー場格安スキーツアー&激安スノボツアーページトップへ